ジュランツ リファインリッチローション|私の口コミと評判

お勧め!ジュランツ リファインリッチローション

リッチファインローション

 

ジュラインのトライアルセットでリファインリッチローションを使いました。

 

アットコスメ等の口コミサイトでも絶賛されているこの化粧水、これはエイジングケアなら絶対に使うべきです!
しっとり感とモチモチ感、そして数日使い続けた後の肌が蘇った感が、明らかに違います。

 

トライアルセットでリッチファインローションを使ってみた最初の感触は「潤う!」です。
さすがに高保湿のローションだけあって、乾燥していた肌が満たされて柔らかになる感じがしました。

 

肌が潤うイメージ

※イメージ画像です※

 

リッチファインローションはセルコンディショニングローション(導入・拭き取り化粧水)を使ってから使うので、余計に染み込む感じが強かったのかもしれません。

 

テクスチャーはややトロミ系ですが、そんなに濃くはありません。

 

口コミサイトではアルコールっぽい香りが指摘されていましたが、私自身は全然それは感じなくて、むしろ昔からある柔らかい化粧品ぽい香りを感じました。

 

入浴後に使ったところ、いつもは乾燥気味の肌がリッチファインローションで潤いが満たされ、しっとり感が持続しました。

 

そして朝になってもモチモチ感が続いてる!
これは期待がふくらみます。

 

肌が潤うイメージ

※イメージ画像です※

 

使い続けているうちに、このモチモチ感がすっかりクセになってトライアルセットでは物足りなくなり、でも全品をラインで揃えるのは金額的にキツイのでリッチファインローションだけ買いました^^;

 

セルコンディショニングローションは使い切ってしまいましたが、このローションを使うだけでも肌の柔らかさを感じています。

 

ジュランツ リファインリッチローションの成分は?

 

ジュランツリファインリッチローションにはEGF、FGF、IGF、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの美容成分がたっぷり含まれていて、お肌のハリや潤い、透明感などをサポートします。

 

特に年齢肌にはこれらの美容成分が必要とされているので充分に補充してくれて、またトロミのあるリッチな使い心地と使用後のお肌のプリプリ感で気分が上がるので、リファインリッチローションは日々のお手入れにぴったりです。(*^-^*)

 

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)

EGFは「細胞再生因子」と呼ばれ、表皮細胞を活性化する成分です。
新陳代謝を促進し、皮膚細胞の再生を促すことで、シワ・シミ・くすみ・ニキビ・ニキビ跡などあらゆるお肌の悩みへの効果があります。

 

FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

FGFは真皮に働きかけ、コラーゲンやエラスチンなど弾力成分を増強しお肌のハリをUP。
潤いを与えシワの回復に効果があります。「線維芽細胞増殖因子」と呼ばれ、EGFと一緒に使う事で相乗効果を得る事ができます。

 

IGF(ヒトオリゴペプチド-21)

IGFは「人体成長因子」と呼ばれ、傷んだ細胞の再生を促し、皮膚内にある老廃物を排除し、ヒアルロン酸の合成を促進する作用があります。

 

リファインリッチローションの動画です

 

ジュランツを監修している美容皮膚科医・高須英津子先生の動画を紹介します。

 

 

まとめ

 

ジュランツのリファインリッチローションはお値段は決して安くはないですが、手をかけた分だけお肌が応えてくれる感じが40代以上の女性の毎日のエイジングケア化粧水としてピッタリです。

 

まずはお手頃価格のトライアルセットでジュランツをスタートしてみませんか?

 

▼トライアルセットはこちら▼